家庭用蓄電池

家庭用蓄電池

家庭用蓄電池

その文字の通り、蓄電とは電気を蓄えることを意味しますが、そんな蓄電機能を持ち合わせた電源のことを「蓄電池」と呼びます。あまり聞き慣れない言葉ではありますが、私たちの身の回りの様々な電子機器に使用されているほか、予期しない停電時などにも使うことができる「家庭用蓄電池」も市販されています。

Q.太陽光発電で充電とは何ですか?

太陽電池を利用して、太陽光エネルギーを私たちが使える電力に変換する発電方法を太陽光発電といいます。太陽電池を複数並べて作られたソーラーパネルを設置することから、ソーラー発電という別名で呼ばれることもあります。
地球温暖化の原因である温室効果ガスを排出しないクリーンな発電方法として知られていたことから、10年以上前から注目を集めていました。国や地方自治体の補助金制度の導入の効果もあり、現在では多くの一般家庭にも普及しだしています。

ただ、現在主流となっている家庭用ソーラーパネルには蓄電池が付いていないため、家庭で発電することはできても蓄えておくことができません。そのため余った分の電気を電力会社に売ったりします(売電)。

緊急時や災害時など突発的な停電が晴天の日中に起きる分には、普通の太陽光発電でも対応することができますが、夜間や悪天候時だとどうしても発電量が少なくて対応が難しくなります。

そこで今、そんな太陽光発電に蓄電機能を取り付けた製品が注目を集めています。家庭用のソーラーパネルに蓄電池を併設して、太陽光発電で生み出した電力を蓄電池に蓄えることができる製品や、マンションの一室のベランダでも活用することができるような小型でお手軽な製品などが販売されています。

Q.太陽光発電システムを廃棄するときは、どうすればいいですか?

現状では一般産業廃棄物として扱われます。ただし、太陽光発電システムのソーラーパネルは長期使用が可能ですので、中古買い取り業者に引き取ってもらうこともできます。

Q.太陽光発電で発電した電気が売れるって本当ですか?

ソーラーパネルで発電して余った電気(余剰電力)は、余剰電力買取制度によって、各地域の電力会社が買い取ってくれます。しかも買取価格は10年間保証されます。

2011年度は、1kWあたり42円(発電能力が10kW未満の場合)で買い取ってもらえます。2011年度中に買取の契約申し込みを行うと、その買取価格が10年間適用されます。

Q.太陽光発電システムのコストは元がとれますか?

一般的に、設置から約12年で元が取れるといわれています。

設置環境・規模にもよりますが、太陽光発電システムの価格は年々下がっていますし、補助金を受給できたり、余剰電力を電力会社に売ることができますので、長期的には投資回収ができるといえます。

Q.太陽光発電システムとはどのようなもの?

太陽光発電システムは①②③太陽電池モジュールアレイ、⑤パワーコンディショナ(通称パワコン)、これらを接続する配線、④接続箱、⑥屋内分電盤及び⑦⑧交流側に設置する電力量計などで構成されます。 “太陽の光エネルギー”を太陽電池アレイで直接電力(直流電力)に変換し、パワーコンディショナで直流を交流に変換し、建物内又は構内設備に電力供給します。また、使用量より発電量が多く余った電力は電力会社に売電されます。

太陽光発電システムの例

太陽光発電システムのイラスト


最後は、産業用太陽光発電システムについてご案内いたします。

産業用太陽光発電システム