産業用太陽光発電システム

産業用太陽光発電システム

産業用太陽光発電システム

Q.太陽光発電するなら10kwからっていうのはどうして?

それは産業用と家庭用の違いです。
10kwからは個人で設置した場合でも産業用とみなされるのです。

Q.産業用と家庭用ってどう違うの?

産業用として発電した電気は発電した全ての電気を買い取ってもらえます。

しかも今なら経済産業省の固定価格買取制度のおかげで20年間ずっと同じ価格で買い取ってもらえる保証つきなんです!

Q.産業用の太陽光発電ってどこに設置するの?

産業用というのは、10kw以上出力する発電設備かどうかが基準なので、建物の屋根や屋上でも、空き地(いわゆる野立て)でもいいんです。

もちろん個人の方が設置しても産業用です。法人の方の場合はクリーン投資減税という、法人税が優遇されるシステムもありますからお得ですね!

Q.野立てって何?

一般的に太陽光といえば、ご自宅の屋根につけるイメージですが、野立てというのはいわゆる遊休地、空き地、更地、色々な呼び方がありますが、何もない地面にパネルを設置することです。

テンフィールズファクトリーでは、野立て用の専用架台をご用意しております。20年以上の長きにわたり稼働する設備ですので、耐久性に自信のあるアルミ製。しかも、お客様の状況に合わせて、角度も出荷時に設定するオーダーメイドです。

10度、20度、30度からお選び頂けますし、雪国仕様に地面から高く設置するこ とも可能です。

Q.クリーン投資減税って何?

法人様が太陽光発電設備を設置なさった場合、その年の法人税から工事代金を全額控除できる税制度です。

たとえば今年、6000万円かけて太陽光発電所を建築された場合

  • 設置しない時:課税対象額1億円→法人税額3000万円
  • 設置した時:課税対象額1億円→4000万円→法人税額1200万円

同じ課税対象額1億円でも、再生可能エネルギーに投資した為に、設備の取得価格×償却率(100%)が全額控除出来た為、1800万円の節税が可能というわけです!

Q.10kw発電するのに必要な土地の広さは?

形状にもよりますが、40坪の広さがあれば十分可能です。

Q.土地を持ってないと太陽光発電は出来ませんよね…

今土地をお持ちでない方も大丈夫です!

土地のご購入から太陽光発電設備の工事代金まで、全額融資での設置が可能なんです!しかも、売電収入からローンのお支払をしますから、資産がゼロでも設置できるんです!

固定価格買取制度のある今なら、投資金額が四倍になりますよ!

今が資産形成のチャンスです。一円も出費することなく、毎年お金が手に入る魔法のほうな方法が、産業用太陽光発電設備を設置することです。

しかも今だけ!2014年4月以降には現在1kw36円(税別)の買取価格は確実に下がりますし、予想では30円(税別)に下げる案があがっているようです。

開始当初は40円(税別)でした。いずれ、いつかとお考えなら今をおいてありません。是非、今、ローリスクハイリターンで安全確実な太陽光発電という投資を始めましょう!

産業用太陽光発電の導入事例